悩み

つむじの地肌が透ける。ハゲ初めにやっておきたい効果的な対処法

投稿日:

つむじ部分が薄いように感じると不安になっている人も少なくありません。光が当たるとつむじ部分が目立ってくるのは嫌ですよね。

そこで今回はつむじ部分の地肌が目立つ原因や対処方法などをまとめてみました。

対策方法のメリットやデメリットなども一緒にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分の症状の進行具合に合った対処方法をして、薄毛の悩みを改善していきましょう。

つむじの地肌が透けるのは毛が細くなっているから

つむじの地肌が目立つように感じるのは細い毛が増えてきているからです。

これは脱毛ホルモンのDHTが原因です。DHTは男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することで作られてしまうものです。

DHTには髪の毛の成長を止めてしまう働きがあります。本来ならば髪の毛に栄養素が行き届き、太く長く髪の毛が成長するのですが、DHTが働いてしまうことで血管を収縮させてしまうのです。

血管が収縮してしまえば髪の毛に十分な栄養素を届けることができなくなってしまいます。そのため栄養不足となってしまった髪の毛は細いまま成長を終えてしまうのです。

DHTは生え際やつむじ部分に多く生成されるため、この部分から薄毛が広まっていってしまう可能性が高いです。

栄養不足でしっかり成長することのできなかった細い毛ばかりが出てきてしまうとどんどん地肌が透けたように見え、目立ってきてしまうのです。

20代頃からつむじの地肌が透ける理由

DHTは20代くらいから産出量が増えていきます。DHTが活発に働きだすせいで、AGAが発症しやすくなってしまいます。

あまり年齢は関係なく、早ければ10代や20代の内からAGAを発症してしまうこともあります。

若いうちから地肌が目立ってきて悩んでいる人も少なくありません。年齢で言うと40代でAGAを発症している人が多いです。

DHTが発生してしまう原因はまだはっきりとは解明されていません。生活習慣の乱れや、ストレスの蓄積、遺伝などが関係しているのではないかともいわれています。

また、歳をとればとるほどにホルモンバランスが乱れやすい状態に陥ってしまいます。そうなるとDHTの発生率が上がってしまうので、注意しなければいけません。

つむじの地肌を濃くする2つの方法

つむじの地肌を目立たせなくするためには育毛剤を使用するか、薬で治療するかの2つの方法しかありません。

ホルモンバランスは生活習慣を整えたり、ストレスを解消することで正常に戻すことができると言われていますが、頭皮環境は整える事はできてもすでに目立ってしまった地肌を改善することはできません。

育毛剤や薬には育毛効果のある有効成分が配合されているので、毎日使い続けることで透けていた地肌を目立たせなくすることができます。

薬を使用する方法も、育毛剤を使用する方法もどちらも毎日使い続けることが大切なポイントです。途中で使用を止めてしまえば、また地肌は目立ってきますし、症状はどんどん進行していってしまいます。

以下で薬や育毛剤を使うことのメリットやデメリットをご紹介していきますが、毎日使い続けることを頭に置いておいてくださいね。

薬を使うメリットとデメリット

基本的に処方される薬はミノキシジル外用薬、プロペシア、ザガーロの3種類があります。

プロペシアやザガーロには脱毛ホルモンを作る原因となる酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。

発毛効果はありませんが、頭皮環境を整えて髪の毛が成長しやすい土台を作り上げてくれます。成長不足で抜けてしまうはずの髪の毛を有効成分で栄養を補ってあげることで、抜け毛となることを防ぎ、結果的に髪の毛の量が増えたように見えさせることができます。透けていた地肌も徐々に目立たなくなってきますよ。

ミノキシジルには血管拡張効果と発毛効果があります。DHTには血管を収縮させて髪の毛に栄養が届かないように働きかけてしまうのですが、ミノキシジルが効果を発揮してくれることで血管を広げることができます。

栄養が届くようになれば髪の毛が成長しやすいようになり、栄養不足になってしまうのを防げます。

さらに、ミノキシジルの発毛効果は唯一認められているものですので、薄毛の部分に新しく髪の毛を生えさせることができるのです。

薄毛の症状が進行してしまった場合でも病院で薬を処方してもらうことで症状を改善することができるのでオススメです。

しかし、薬になるので副作用のリスクがかかってきます。

かぶれやかゆみなどの皮膚疾患から、生殖器障害、肝機能障害など重い症状のものまで幅広く副作用の実例が挙がっています。

実際に副作用が起きる確率としてはとても低いのですが、副作用のリスクがあることを頭に置いておかなければいけません。

また、病気が原因で起きてしまった薄毛でなければ、ほとんどの場合保険を適用してもらうことができません。

薄毛治療で使用する薬は毎日飲み続けなければ効果を実感することができないので、金銭面的な負担も大きくなってしまいます。

大きな効果を期待できる分、薬を処方してもらうために病院に行く手間がかかりますし、副作用や金銭面的なリスクがあることを理解しておかなければいけません。

育毛剤を使うメリットとデメリット

育毛剤は髪の毛に不足してしまった栄養素を補う効果があります。

栄養不足になってしまった髪の毛に栄養を与えてあげることで、1本1本の髪の毛が太く丈夫に育つようになります。そのため、目立っていた地肌を隠すことができ、薄毛の症状を改善することができるのです。

育毛剤には血行促進作用のあるセンブリエキス、頭皮のバリア機能を高めてくれるグリチルリチン酸2Kなど髪の毛が成長しやすい環境を整えてくれる有効成分が豊富に配合されています。

育毛効果の高い有効成分だけではなく、ヒアルロン酸などの保湿成分や、5αリダクターゼの働きを阻害するノコギリヤシ、男性ホルモンの働きを阻害するオウゴンエキスなど様々な成分が配合されているため、これらの成分が頭皮にアプローチをかけて育毛を促してくれます。

育毛剤は薬ではないので副作用のリスクがありません。石油系界面活性剤や着色料、防腐剤などが配合されていない無添加なものですと、より頭皮にかかる負担が少ないので乾燥肌や敏感肌の人でも使うことができます。

また、およそ1本5000円から8000円程度の価格で販売されているので、金銭面的な負担も少ないです。

しかし、育毛剤には発毛効果がありません。髪の毛を太くして地肌を目立たせなくすることができるのですが、新しく髪の毛を生やす効果は無いので根本的な解決とはいきません。

また、効果が出るには時間がかかります。1ヵ月や2ヶ月程度では効果を実感することができず、最低でも3ヶ月から6ヶ月程度は使い続けなければなりません。

つむじの地肌の透け具合別の対策法

地肌の目立ち具合で育毛剤を使用した方が良いのか、病院で薬を処方してもらった方が良いのかが違います。次に、進行具合によってどちらを使用した方が良いのかを説明していきますので、ご覧ください。

少しきになる程度(初期)

地肌の透け具合が気になる程度であれば育毛剤を使用することをおすすめします。

育毛剤はもともとある髪の毛に対して働きかけ、太く丈夫な髪の毛に育てあげてくれるので、目立っていた地肌を隠すことができます。

少し気になる程度であれば育毛剤でも十分に効果を期待することができますし、副作用や金銭面的な負担も少ないので初めて対策をするという人でも使い始めやすいです。

明らかに薄くなっている(中期)

症状が進行してしまって、目に見えて地肌が目立ってきた場合は病院に行って薬を処方してもらったほうが良いでしょう。ここまで症状が進んでしまうと育毛剤を使用してもあまり効果を得ることができません。

先ほどもお伝えしましたが、育毛剤はもともとある髪の毛に対してアプローチをかけてくれるものです。すでに髪の毛が薄くなってしまえば育毛剤では力及ばず、使っていても意味がありません。

しかし、薬であれば発毛効果があるので薄くなってしまった地肌に対しても効果を期待することができるのです。

5αリダクターゼの働きを阻害して髪の毛が成長しやすい環境を整えて、新しい髪の毛を生えさせてくれます。副作用のリスクはありますが、実際に起きてしまう確率は少ないので、そこまで不安に思う必要はありません。もし心配なのであれば、先に医師に相談しておくと良いでしょう。

まとめ

薄毛の進行具合によって病院で薬を処方してもらうか、育毛剤を使用するかが違ってくるので、自分の症状がどこまで進行しているのかをしっかり見極めなければなりません。

つむじ部分を確認して、もし気になるようであれば早めにケアをするようにしましょう。早いうちからケアをすることでつむじ部分の薄毛を大きく改善することができるので、少しでも気になったらケアを始めてくださいね。

-悩み

Copyright© つむじハゲに効く育毛剤の選び方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.